腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症(ヨウブセキチュウカンキョウサクショウ)とは脊柱を通る神経を囲んでいる脊柱管がすぼまって狭くなる(狭窄する)疾患腰部脊柱管狭窄症の症状は歩いているとだんだん足が痺れたり痛くなり、休むと回復するのが特徴らしいしかし、このような症状は閉塞性動脈硬化症でも見られるため、識別が必要症状により馬尾型、神経根型、混合型の三種類に分類され反った姿勢をとると、神経・血管圧迫する為避ける必要がある治療法としては、保存的療法の場合血行改善薬、消炎鎮痛剤を使用したり温熱療法、運動療法、コルセット療法、神経ブロックなどもある手術では脊柱管を狭くしている部分の骨や靭帯を削る

腰部脊柱管狭窄症と患者の人口数

腰部脊柱管狭窄症は、今急に話題になった病状のひとつになっています。年齢が高齢化になってくると、腰部の周辺の軟骨が減っていくようですね。こうした新種の病気とどう立ち向かっていくかが今後の大きな焦点になっていくのでしょう。また、腰部脊柱管狭窄症について自分から詳しく調べてみるようなこともぜひしてみましょう。